不動産売買の流れ


不動産の売買は、何度も経験される方は少ないと思います。どういった手順で行われるのかご承知になりたい方も多いでしょう。

あらかじめ取引の流れをご確認いただいた方が、その後の手続きを円滑に進めやすいでしょう。

ここに、大まかな流れをご紹介します。

もっと詳しい内容を知りたい方は、弊社までお気軽にお尋ねください。

 


 売却ご希望の方(売主)

購入ご希望の方(買主)



価格相場の確認

まずはご自身で相場を調べ、ある程度の価格イメージをしてみましょう。

周辺の物件がどのくらいの価格で売りに出されているかを把握してみてください。


 


物件のご相談

物件についてご相談ください。

ご依頼内容や売却・購入の目的等の確認と、売却方法や依頼方法のご説明をいたします。


 


物件の調査

当該物件の状態、近隣の状況等を調査いたします。

公簿等の権利関係の調査、現地の調査、生活関連施設の調査や法令上の制限に関する調査などを行います。

 


物件の紹介

 

ご希望の地域、広さやご予算等に合わせた物件をお探しし、ご紹介いたします。

条件に合いましたら、現地まで同行しご案内いたします。


価格の査定

物件の価格を査定し、価格の根拠や売出しに適当な金額の

提示をいたします。

ご希望価格と調整の上、『売出価格』の決定や

『購入目標価格』を設定いたします。

 


資金計画

 

適切な購入予算を算定・住宅ローンのご相談等、資金の計画を立てます。


媒介契約の締結

仲介を依頼するかを決めていただいた上、『媒介契約』を

結びます。

媒介契約の形態は『専属専任媒介契約』『専任媒介契約』『一般媒介契約』と、大きく分けて3種類あります。

ご自身に合った媒介契約をお選びください。


 


販売活動

売却をご希望の方は、ご希望条件に沿って販売活動を実施

いたします。

 


媒介契約の締結

売主様同様、仲介を依頼される場合『媒介契約』を

結びます。


 


売買条件の折衝

双方の希望条件の協議・調整を行い、売買価格等を決定していきます。


 


重要事項説明

買主様に当該物件の重要事項のご説明を行います。


 


売買契約の締結

双方の合意が得られましたら、『売買契約』の締結をします。

 この際、手付金の授受を行います。


 


決算・引渡し

『売買契約』に基づき、残金の支払い・物件の引渡しをします。

これにて、取引完了となります。