Fee 【設計料】


< 住宅をお考えの方 >

弊社は分かりやすい設計料体系を心がけております。

一般的に設計料は工事費の何%と決められているところが多いですが、建築中に追加や変更等で設計当初予定していた工事費

よりコストアップする可能性があります。従って、実際の工事費が決まるのは建設工程がほぼ完了したころとなります。追加になった部分も含めて設計料が当初より上がるケースもあるようです。

弊社は、坪単価で設計料を算出しております。初回から数回の打ち合わせで設計規模を決め、設計料をご提示いたします。

大きな変更がない限り、お引き渡しまで当初の設計料で考えております。

 

詳しくは、弊社[ 設計監理料報酬一覧 ]の資料がございますので、お問い合わせください。

 

注記:

*設計業務と監理業務を分けてのご依頼は、受け付けておりません。  

*建築確認申請・適合判定等審査機関に必要な費用は、別途となります。

*測量・地盤調査等にかかる費用は、別途となります。

*在来木造2階建て以外は、別途構造設計監理料がかかります。

*大規模住宅等で必要と認められた場合、別途設備設計監理料がかかります。

  

< 住宅以外をお考えの方 >

基本的には、平成21年国土交通省告示第15号に基づく業務報酬基準をもとにお見積をさせていただきます。

詳しくはお問い合わせください。

 

注記:

*建築確認申請・適合判定等審査機関に必要な費用は、別途となります。

*測量・地盤調査等にかかる費用は、別途となります。

*構造設計監理料は、弊社協力構造事務所の費用となります。

*設備設計監理料は、弊社協力設備事務所の費用となります。

 

< 増改築・インテリア・コンサルタント その他 >

別途お見積をさせていただきます。詳しくはお問い合わせください。

 

< お支払方法 -小規模建物の場合- >

設計業務着手から竣工引き渡しまで、5回に分けてお支払いただきます。

 

その他業務の報酬に関しましてはお問い合わせください。